工数ビジネスから価値ビジネスへ

IT 業界でも、多くの企業が希望していることですが、なかなか具体策を打ち出せていません。工数ビジネスの究極の姿がオフショア開発ですが、Wagby はこれとは違う方向での価値ビジネスを模索しているところです。

では Wagby の価値とは何だろう? これについて改めて本日、社内で技術と営業が一緒になって激論する場を設けました。その結果みえてきた一つの方向性は「システムの内製化を進めたいユーザ企業にとって Wagby はベストプラクティスになりうる」というものです。Wagby の真の価値は「開発費の安さ」でもなく、ソースコード自動生成という「技術」でもなく、「早く」つくれるということでもない。「自分のシステムを自分でつくりたい」という想いに応えることができることです。現行のユーザー様が Wagby を評価しているのは、つきつめていくとこの一点です。

この原点を改めて意識します。それを価値だと思うお客様に Wagby を届ける。こういうビジネス感覚を試行錯誤しながら自分たちで学んでいけるのは幸せだと思います。

Wagby開発スタッフ募集中です!