今の経営環境で、最も重要な投資先は自分自身

一昔前に IT バブルと呼ばれた時代、ベンチャー企業はアイデアだけで資金を集めることができました。
そのあとに起こった M&A ブームでは、販売実績のないソフトウェアに対して、大企業が資金を出して買収するというケースが相次ぎました。

現在は、そのいずれもありません。それを冷静に自覚すると、ソフトウェアを担保にした資金調達を計画するのではなく、一本ずつお客様に販売することで地道に活動を継続することが何よりも大切であることがわかります。

かといって、投げ売りをしてしまうとかえって信用を損ねます。ひたすらに改善を重ね、他社が真似のできない水準にまで製品を磨くことで投げ売りを防ぐ、いわゆる王道を進むのがベストかと思います。

当社にとっての「自分自身への投資」とは、Wagby の改善に尽きます。これまでも、空いた時間があれば常に全員で改善してきました。このサイクルを維持することで、必ず光明が見えます。

Wagby は今のところ、掲げたロードマップのとおりに改善が進んでいます。年内の大きな目標である「世代管理」を実現すれば、大きなアドバンテージになると考えています。がんばって進みましょう。

Wagby開発スタッフ募集中です!