システム開発の価値

ファンクションポイント法によって求められるのは、あくまでも下流工程の、それも製造部分に限定されます。それも Wagby によってゼロ化(もしくは極小化)されます。そうなった場合、システム開発の価値はどこにあるか?という問題が明らかになります。

そこで洗い出される価値とは「上流工程」と「複雑な業務ロジックの実装」です。いずれもお客様固有であり、かつ、システムの中核になります。それ以外のすべての機能は、自動生成されることによって価値が激減しますが、それは妥当なことです。そもそも、誰がつくっても同じような画面、機能はコモディティ化されるのが必然です。

お客様の要望をしっかりと上流工程で整理できること、なるべく自動化できるように設計すること、自動化できない複雑な業務ロジックを正確に実装すること、これが受託開発サービスの在り方だと考えています。大量の類似画面を、ひたすらつくることで売上を立てる時代は、終わりを告げることでしょう。

Wagby開発スタッフ募集中です!