読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「超高速開発が企業システムに革命を起こす」出版記念パーティーに参加してきました

昨晩、霞が関ビル35階で開催された出版記念パーティーに参加してきました。私は執筆者ではありませんが、Wagbyの話も含まれていますので、関係者という立場です。Wagby事例をあげていただいた株式会社TMJ様(コールセンターおよびバックオフィス事業で、センタースタッフ8000名を擁する企業です)も招待ということでご参加をいただきました。ありがとうございました。

f:id:ynie:20140605071807j:plain

私は出版記念パーティーというものの参加が初体験です。一般からの参加費はなんと諭吉先生一枚とのこと。それでも140名を超える人々にご参集いただきました。招待枠は一部ですので、有償でも参加したいという動機付けが働いたわけです。すべての方と名刺交換できたわけではありませんが、上流コンサル系とSI系企業の参加率は高かったと感じています。一言でいえば、"超高速開発" がビジネスにつながるか、という判断をされているということであり、着実にこの分野が(注目されているというのは言い過ぎにしても)無視できないムーブメントになりつつある、という現れです。

当然といえば当然ですが、壇上でご挨拶される方々は私が普段、お会いできるレベルを超えていました。内閣府、総務省、経産省、JISA(情報サービス産業協会)、IPA(情報処理推進機構)、ITコーディネータ協会などなど。本書の監修であり、超高速開発コミュニティの代表でもある関さんの力は大きいと改めて感じた次第です。こういうイベントはとても一社ではできません。同じ思想をもったオピニオンリーダーが一つの場に集まると力を発揮するという好例です。

会場の反応

思いのほか、Wagbyの知名度は高かったです。Wagbyという製品名で市場投入して8年が経過しましたが、ようやく「国内における代表的製品の一つ」として認知されてきたと感じます。一方で、いろいろと示唆に富むお話もできたので、印象深いものをメモします。

"ツールベンダーの怖いところは、いつかなくなるという危険。尖ったツールは寿命が長いようだが、おたくはどうか?"

即答できませんでした。自分では、尖っている方ではないかと思っているのですが、具体的にどう、と一言で説明するのは難しいです。改めて整理すると... 現在のWagbyは開発工程や求められる機能の一部をカバーしているに過ぎず、もっと生産性を高めるために改善できるというアイデアは私の中で溢れています。それを実現するまでやり通したい、という意思があります。

"ブルックスの「銀の弾丸はない」は有名だが、超高速開発ツールは銀の弾丸を狙えるのか?"

狙っている(またはそのように説明している)ベンダーもあるかも知れません。私自身は控えめです。ツールの限界と、向き不向きはあると思います。ただ「遅れているプロジェクトに人を追加しても、解決にならない。」という同氏の指摘については超高速開発ツールは特効薬になりうると考えています。平均的スキル(この言い方自体がそもそも怪しい)をもった開発要員を何人投入して...という発想をこの業界から取り除くことが必要で、そのためにツールの高度化は有用というのが私の立場です。

"業務部品の組み合わせだけでアプリケーションができあがるという発想は昔からあったが、成功した試しはない"

是非とも、この本を読んでみてください。超高速開発の本質は、部品の組み合わせとか、自動プログラミングではありません。リポジトリ(設計情報)を中核にしたシステム開発体制を敷くことです。リポジトリは、部品の組み合わせのことではなく、モデリングによって得られたデータ構造とビジネスプロセスを表現するメタデータです。企業の成長にあわせて業務を変革するために、プログラムをつくり直すのではなく、リポジトリを更新するという体制に移行するべき、というのが私を含め多くの関係者の思想です。

おそらく「超高速開発は胡散臭い」と感じている人の多くが勘違いされているのがこの点です。会場内でも、この本を読んで意図を理解できた、という感想があちこちから聞こえてきました。そういう意味でも、本書が世に出て、広く読まれるメリットは大きいと思います。

まとめ

"超高速開発" というキーワードの生みの親は、日経コンピュータでした。会場には当時、この記事を執筆された記者の方も参加されていました。今日を迎えられたことを喜び合うとともに、それでも超高速開発の意義を理解して実践するユーザー企業の絶対数は少ないのが現状であるという話をしました。まだまだ、これからです。

このブログを投稿した時点でのAmazonのランキングはIT系で1422位でした。カスタマーレビューが一件、掲載されています。ちょっと嬉しいコメントでした。
http://www.amazon.co.jp/dp/482229627X

Wagby開発スタッフ募集中です!