自社イベントの集客方法:2016年の場合

毎年の恒例行事となった Wagby Developer Day ですが、今回で 5 回目となります。昨年は250名の登録をいただきました。今年は300名の登録を目標としています。毎年、参加率が9割近いことも特徴です。今年も多くの方々にお会いできることを楽しみにしています…

2016年全国ツアーを終えて - 「ユーザー企業 x 超高速開発ツール」がもたらした予想外の効果

7月の熊本からはじまって、福岡、石川、名古屋、大阪、仙台、富山、北海道、福井をまわり、沖縄で終了しました。10拠点でのべ100名以上の方に Wagby をご紹介できたことを嬉しく思います。ご参加いただいた皆様、ならびにご協力いただいたWagby販売代理店の…

ユーザー企業が作成したアプリケーションのダウンロードサービスを開始しました

本日、プレスリリースを発信しました。 ユーザー企業であるソフトバンク株式会社と株式会社TMJが自社で利用中のアプリケーション設計情報を、両社の協力を得て無償公開します。Webサイト http://wagby.com/apps/ からダウンロードできます。www.atpress.ne.j…

超高速開発コミュニティが掲げる一つの到達点 - モデリング分科会

私も幹事として設立時から関わっている「超高速開発コミュニティ」ですが、これまでの3年間を振り返って、自分の矜恃に恥じない活動ができている、と考えています。具体的には自社製品の売り込みとしてコミュニティという入れ物を使っていない、ということで…

改めて、Wagby へ興味を持たれた方へのご案内

7月から開始した「Wagby全国ツアー2016」も終盤に入りました。これから富山、北海道、福井を回って沖縄で終了となります。 並行して、代理店様が定期的に開催しているセミナーもフル稼動で、Wagby への問い合わせも上り調子です。ありがたいです。このタイミ…

超高速開発時代の新しい見積手法を提案します

先日(2016年8月3日)のWagby分科会で発表した「Wagbyを用いた見積手法」を正式に公開しました。 例えば、こういう見積書を生成します。 これまでの見積手法の限界 一般的に知られている「開発費 = 工数 x 人月単価」には次の問題があります。 超高速開発では…

シンギュラリティに向かった情報革命、というビジョン

昨日の「SoftBank World 2016」で、孫社長の基調講演に参加してきました。 logmi に全文が掲載されていますね。良い時代です。logmi.jp孫さんのお話にあった「一兆個のチップが世界中にばらまかれる」というビジョンは、そのときおそらく地球上に存在するで…

“ポモドーロテクニック” の使いどころ

「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル」というタイトルに惹かれて、購入しました。 https://www.amazon.co.jp/dp/4822251551/ソフトウェア技術者にとって知っておいた方がいいアドバイスということですが、プログラミングの話ではありません。…

理想の上司は、自分の出世より、部下の成長に価値を置く人

最近読んだビジネス本で、ぐっときたものがあります。「アメリカ海軍に学ぶ最強のチームの作り方」www.amazon.co.jp著者はアメリカ海軍で艦長を勤めたあと、そこで培ってきた自身のリーダー論を民間企業に応用するため、現在は企業コンサルタントとして活躍…

超高速開発コミュニティ初企画「沖縄合宿」無事に終了しました

超高速開発コミュニティ初の企画「沖縄合宿」が無事に終了しました。参加した15名の皆さんはユーザ企業、SIer、コンサルタント、ツールベンダーと幅広く、それぞれの立場でワークショップで議論を重ねることができ、とても有意義な場となりました。ありがと…

告知:初企画「Wagby全国ツアー2016」を行います!

この7月から8月にかけて、初の Wagby 全国ツアーを企画しました。 https://wagby.com/tour2016.jsp7月11日の熊本をスタートとし、福岡、石川、仙台、名古屋、北海道、沖縄をまわる予定です。Wagbyの話に加えて、Wagbyによって実現できる、新しいSIモデルにつ…

ガートナー「Cool Vendors in Application Development, 2016」に選ばれました!

長く仕事を続けていると、まれにご褒美のような場面に遭遇することがあります。 まさかガートナー社の英文レポートに、当社が紹介されることになるとは。これもまた青天の霹靂であり、スタッフ一同、大いに喜んでいます。同レポートはガートナーの顧客向けで…

ソフトバンク様の講演で実感した、エンドユーザとベンダーの “距離感” について

長く仕事を続けていると、まれにご褒美のような場面に遭遇することがあります。 今回の日経コンピュータ主催セミナー「超高速開発&エンタープライズアジャイル成功の方程式」は、当社にとって青天の霹靂といってよいものでした。http://ac.nikkeibp.co.jp/n…

"その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない"

この言葉は「赤の女王仮説」として知られているようです。実は最近知ったのですが、15年かけて当社の立ち位置を受託ビジネスからライセンスビジネスへ転換した今、あぁ、そのとおりだなぁと実感しています。当初は(受託と、パッケージ開発を)両立させたい…

3回目となる超高速開発コミュニティ総会の基調講演で ”SEは死滅する” を考える

さった4月21日に、超高速開発コミュニティの第3回目の総会が無事に終了しました。会員も200を超え、超高速開発というキーワードへの認知度は高まっています。さらに普及させるための次の一手は何か、というマーケティング指向で今年度も運営に携わりたいと思…

超高速開発ツールに特化した、ソフトウェア開発方法論を考える

きたる6月27日・28日に「超高速開発ツールを使ったシステム開発方法論について in 沖縄」というイベント(合宿)が催されることなりました! https://www.x-rad.jp/決して、”なにか理由をつけて沖縄に行ってみよう” などという副題がついたイベントではあり…

Wagby導入社数300社からみえてくる、SIer向けビジネスモデルの形

この3月で当社も16年目に入りました。16進数表記で「0x10」となることから、勝手に 0x10 周年と呼んでいます。きたる 5 月で、Wagby が世に出てから 10 年になります。そしてこのタイミングで、Wagbyの導入社数も300社となりました!会社が 0x10 年目、Wagby…

「ライトウェイト・エンタープライズ」という考え方

さった2月15日に当社主催で開催した「ライトウェイト・エンタープライズ」のセミナーが無事に終了しました。羽生さんの講演を楽しみにしていた方も多く集まり、質疑応答の時間が足りずに懇親会でも議論が続きました。私も改めて、大局を整理できました。羽生…

超高速開発ではRDBMSの位置付けも変わっていく

さった2月9日に開催された「超高速開発コミュニティ モデリング分科会」は、RDBMSのエキスパート達による、RDBMSの位置付けの見直しに関する刺激的な議論が展開されました。参加いただいた皆様、おつかれさまでした。当日は座長の渡辺幸三さんを中核に、「超…

超高速開発コミュニティ参加組織が200を超えました

「超高速開発コミュニティ」が始動して2年半が経過しました。この2月に、当初目標であった参加組織 200 の壁を超えることができました。私にとって、重要な通過点になります。このコミュニティはユーザ企業とSIer、そしてツールベンダーという立場での参加が…

羽生さんに語ってもらう「ライトウェイト・エンタープライズ」セミナーを企画しました

私がはじめて羽生 章洋さんにお会いしたのは、2008年でした。羽生さんが沖縄にいらっしゃったとき、夜遅くまでSI業界の抱える課題について意見交換し、深い洞察力を持った方だと感銘をうけました。その後も何度かお話しする機会があり、そのたびに頭の回転の…

「リモートチームでうまくいく」を経営改革に適用する

ソニックガーデンの倉貫さんから、新著「リモートチームでうまくいく」を送っていただきました。ありがとうございます。www.amazon.co.jp倉貫さんのこれまでのブログから、リモートチームの概要は知っていました。それでも改めて一読すると、これは多くの日…

「限界費用ゼロ社会」が提示する、新秩序を考える

2016年がはじまりました。本年もどうぞよろしくお願いします。この年末・年始に「限界費用ゼロ社会」を読了しましたので、思うところを綴ります。 www.amazon.co.jp(以下、私の解釈が含まれた要約です。本書では著者の主張を裏打ちするさまざまなテクノロジ…

2015年の総括 - 今年達成できたことと、来年への展望

ちょうど1年ほど前、2014年の総括として、「超高速開発」はどこまで認知されたか、というブログを書きました。自分で書いたブログを再読すると、私は2014年末の時点で「キーワードは認知されてきたが、わかりやすい成功事例が必要」と締めくくっています。そ…

Wagby Developer Day 2015 終了報告と、他製品比較セッションの内容紹介

第4回目となる「Wagby Developer Day 2015 」は、過去最多となる 251 名の事前お申込をいただきました。当日の出席者も 218 名で、出席率は86.8 %に達しました。ご登録およびご参加いただいた皆様、ありがとうございました!各セッションのご発表はいずれも…

エンタープライズアプリケーション分野が技術的先進性を失った10年を振り返る

今度の Wagby Developer Day 2015 基調講演ネタの一部を先行してブログに書きました。 1995年から2005年まで、エンタープライズアプリケーション分野がITの進む方向性を示していました。具体的にはマイクロソフト社の Windows と .NET、そしてサン・マイクロ…

現行システムをWagbyに移行するためのストーリー

私の主な業務の一つは、Wagby販売代理店と営業同行し、お客様のご要望を伺うことです。一通りWagbyの説明が終わり、お客様でも内製できるかもしれないという感触を得た後、次のようなご指摘を頂くことが少なくありません。 現行システムが複雑すぎて、何から…

"Wagbyによる内製の実例からわかったこと" 発表資料

さった2015年10月27日にピースミール・テクロジー株式会社様主催「日本型内製化を考えるセミナー」にて登壇しました。発表機会をいただき、ありがとうございました。50名以上のお申し込みをいただき、当日も満員御礼でした。そのときの発表資料を公開します…

Wagby Developer Day 2015 を 12月2日(水)に開催します

[2015.11.04] ご登壇いただける企業に、リクルートコミュニケーションズ様を追記しました。 先日、勢いで通勤用の自転車を購入しました。この10年余り、多忙を口実にまったく運動しない日々を過ごしていましたが、一念発起して自分にプレッシャーをかけよう…

日経コンピュータ2015年10月1日特集記事「広がる超高速開発」

日経コンピュータが最初に「超高速開発」というキーワードを世に出したのが2012年3月でした。それから3年が経過し、超高速開発の現状を取材する特集が組まれました。これは私たちにとって追い風になります。「超高速開発コミュニティ」はこのキーワードを普…